明けましておめでとう2020、そしてグッバイグーグル!

この10年の初めに、Google Cloudのすべてのオファーを削除することが決定されました。言いたいことがたくさんあるので、始めましょう!

  1. Google Cloudはユーザー中心ではありません。悪用部門は、事前の通知なしに顧客のデータを削除するだけです(Google Team / Shared Drives)。Googleの虐待部門の目標は、正確に虐待を広めることです(排除しないでください)。
  2. アカウントの管理者でない場合、G-Suite製品のサポートエージェントに連絡することはできません。
  3. Googleは、クリック、GPS、過去の検索などを繰り返し追跡します。
  4. Googleは広告主(彼らの本当の顧客)を気にかけようとしますが、彼らはGoogle Adsで彼らをかわします:「先に進んで、お互いに入札してください!」。
  5. Google SEO(またはその欠如)は、この分野で働くすべての人にとって災害です。今日は王になり、明日は最後になります。彼らのアルゴリズムには、おそらくランダム性の要素がコード化されています。今日取得した検索結果が翌日にシャッフルされることを知っておくと便利です。ユーザーは結局のところモルモットです。ホイールを回して、最も関連性の高い結果を自分で選ぶだけです。
  6. 物議をかもしているYouTubeユーザーは、10分以内に動画を削除しています(検閲)。
  7. Googleニュースですべての記事をインデックスに登録できるようになりました(偽のニュースはありますか?)。
  8. Googleは現在、成功したプロジェクトよりも多くの放棄されたプロジェクトを作成しています:AngularJS、Google Plus +、リストは続きます:https://killedbygoogle.com-これらのプロジェクトに携わった従業員がどのように感じるか想像してみてください?
  9. API呼び出しの制限は低すぎます。多くのタスクを実行するスクリプトを作成し、15分で1日の制限に達するだけです。何日もかけてスクリプトを再実行する必要があります:ありがとう!
  10. この記事(またはドメイン名全体)は、反Googleとみなされるため、ペナルティが課せられます(実際の色を表示してもかまいません)。

ユーザーをトラッシュすると、ユーザーはあなたをトラッシュします。競合他社が大喜び!

Comments

So empty here ... leave a comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

Sidebar