IPブラックリストは今後数年間で時代遅れになるでしょう

現時点ではさまざまなIPブラックリストが使用されています。

  • ファイアウォール内
  • スパムを止める方法:SpamHaus、BarracudaなどのDNSBL(ドメインネームシステムブラックリスト)
  • 評判システム( "Webroot®BrightCloud®Threat Intelligence"など)

それらは現在すべてIPv4を使用しています。しかし、IPv6がゆっくりと引き継いでいるので:何十億ものIPアドレスが利用可能になりました。IPアドレスをブラックリストに載せるという概念は時代遅れになるでしょう:何十億もの行を通過しなければならないフィルタでネットワーク速度を遅くすることは全く意味がありません。傾向は遅いネットワークではなく、速いネットワークを指しています。

どういう意味ですか?

つまり、ユーザーはこれらのサービスの使用をやめる必要があります。そして、それらのサービスを販売している会社はすぐに他のものに切り替える必要があります。そしてそれは良い厄介者です!

IPアドレスによる地理的位置はどうですか?

これはおそらく消えていくでしょう。そしてNetflixは問題を抱えている。彼らは制限のためにgeo-ipのローカライゼーションを使っているからだ。

そのときどのようにして悪者を遠ざけるのですか?

SPAMに関する限り、DKIM(Domain Keys Identified Mail)は必須の標準となるでしょう。SMTP接続中にDKIM署名はすでに確認されている可能性があるため、SPAMは配信される前でも拒否されます。

ファイアウォールの場合:DDoS(Distributed Denial of Service)攻撃を阻止するのが難しくなり、ポートフラッディング制御が一般的になります。

それはより良い未来のためのものでしょうか?

絶対に!それは誰にとってもより安全になるでしょう。安全で迅速なサービスを受けるためには、ユーザーは自分自身を登録して認証する必要があります。

Comments

So empty here ... leave a comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

Sidebar